2015年09月22日

3日断食で体重が●.●kg減りました。

3日断食.jpg

3日断食というものをやってみました。

近頃私の周りで、3日断食なる健康法を実践している方がいまして、感化されてちょっとやってみました。

目的としては、ちょっと風邪気味だったり気分が不安定だったりしたので、断食をして身体をリセットしようという気持ちで始めてみました。

ちなみに参考にした本はこちら

3日食べなきゃ、7割治る!
3日食べなきゃ、7割治る!

この本には多くの病気が「断食」またの名を「ファスティング」で治るとしております。重い病気の場合は断食の期間を長くするそうですので、3日だと7割だといった感じだそうです。

そこで断食の効果を知ってはいたので、身近に実践者がいた事もありアドバイスをいただきながら行いました。

※3日断食といえど身体に負担がかかることがありますので、きちんと情報を仕入れてから行って下さい。

断食には怖い、苦しいイメージがあったが意外と自分でもいけた


そして、昨日断食3日を終えました。
やり方としては

・一切固形物を入れない
・梅干しはOK
・飲み物は野菜ジュース、お茶、コーヒー(無糖)など


で過ごしました。
ルールはこうなんですが、実際はすごいお腹が空いたので
プルーンを2つまみ、おでんをほんの少し食べてしまいました。家では誘惑が多すぎますのでお菓子などは引き出しの奥に隠しておきましょう。

正直不思議かもしれませんが、1日目が一番きつかったです。(><)というのも後で考えると、1日目って今まで普通に食していたのに急に食べなくなるので食べなくなることへのギャップが激しい日になります。

だから1日目の、昼とか夜がほんとにお腹が空きました。ちょっとイライラしたり、頭が回らなかったりそんな感じです。だいたいみなさんが経験したことのあるイライラする空腹感です。

しかし2日目となると、もう食べないと決めているからか、空腹感はずっと感じるのですが、1日目ほどでもない。ただ食べていないのでちょっとふらふらするんですね。しかしパソコンに向かって文章を書くと意外とスラスラ書けたり、少し長く座っていても疲れなかったり・・・なんだか不思議な気分でした。

意外と集中力が上がったりします。

3日目はさすがに慣れてきたか、身体はふらふらしますが、パソコンの前に座り文字を書いたり、メールのやりとりはできます。

そしてちょっと散歩に外に出で、階段を登ったりすると、普段なんでもないところなのに、足がガクガクするんですよね。恐らく筋肉に栄養が回っていないからだと思います。

他にも腕とかがちょっとガクガクしたり、力仕事をしている方は絶対に断食はやめておいた方がいいですね。お仕事をされている方は本業に支障が出そうですので、できれば断食をするなら週末、または1日1食の朝昼断食などにするとよいかと思います。


みるみる体重が減りました。


結局3日断食をしたところ69.0kg⇒66.5kgまで体重は落ちました。

水分は十分とってますので、食べてないから当たり前に減る分と、ちょっと脂肪とか筋肉をエネルギーにしたのでその辺り減ったのでしょう。

3日でお腹周りがほっそり、全体的にもほっそりになりました。急激なダイエットをしたい人には向いているかなとは思いました。他のサイトを見てみても、酵素を飲みながらの3日断食ダイエットを薦めているところもありますね。


誰でもできるわけではない


やってて、こう思いました。そもそも断食の3日間は頭がふらふらすることもありますし、走ったり、きつい運動は厳しいです。というよりもたぶん危険です。

なので、仕事が激務の人、肉体労働をする方、ストレスのかかる責任のある仕事などをやりながらではとてもやらないほうがよいと思いました。

できれば休暇中、あまり大事な用事がない時にやるべきですね。3日断食の時間が取れなければ1日1食にしたり、小食にしたりするのも効果は高いそうです。そちらをお勧め致します。

あとは、普段間食の多い方、グルメな方、食べるの大好きな方、、、
こういった方にはほんとに「食べない」ことはきついと思います。1日目なんかはほんとに何か食べたくなってそれが永遠に続きそうな感じになりますので、食に貪欲な方はどこかの「断食施設」「断食道場なるものに行き、合宿形式で行わないと家の中の食べ物の誘惑に負けてしまいます。


3日断食のお供に欲しいもの


3日断食の時は、固形物は口にしない。ということですが、すりおろし野菜とかは酵素などが補給できて効果があるそうです。人参のすりおろしとか、りんごのすりおろしなどは口にしましたが、正直フラフラの身体でだいこんおろし器を使うのは大変でした。

こういう低速ジューサーがあればよかったな〜と思います。

こちらは某雑誌で

・部品点数が少なく洗いやすい
・最後までぎっしりしぼりだすので無駄が少ない
・ビタミン取得量が豊富


で1位に選ばれていたパナソニックの低速ジューサーです。

Panasonic ビタミンサーバー 低速ジューサー シルバー MJ-L500-S
Panasonic ビタミンサーバー 低速ジューサー シルバー MJ-L500-S

これがあれば、3日間美味しい栄養豊富なドリンクと共に過ごせると思うと少し気が楽になると思いました。



ランキングに参加しています。
クリック頂けたら嬉しいです♪(`・ω・´)ゞ
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へ
コメントもお待ちしております♪

posted by ういろう at 04:28 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

ジュラシック・ワールドを見てきたが、いろいろとあかんことが多すぎるw感想とかツッコミまとめ



久しぶりの日記です。ジュラシック・ワールド、TOHOシネマズで見てきました。
毎月14日は1100円なのでお得ですね。ジュラシック・ワールドは迫力があって映画館で見る価値があると思いますのでぜひ映画館で見ましょう♪ 夏休みの映画なのでもうすぐ終わっちゃいそうなのでまだの方はお早めに。


物語は90年台にヒットしたジュラシックパークの時代の20年後の設定で、時代はつながっているようです。(そこまでは知らずに見に行きました。)正直迫力があって、怖くてドカン、ボカン、ズギャン!で終わるだろうと思ってたけどまさにその通りw


だいたい、まともな人と、お金目当てで動く人、アホな人がいるのがこういう映画のパターン。最後に恐竜なめたらあかんでが教訓で終わるんだろうなと終わったらやっぱり全部その通りw


でもそれがわかっててもすっごい迫力で怖かったのでエンターテイメントとしては最高です。主演のクリストファー・マイケル・"クリス"・プラットさんの演技力が素晴らしいので見てて安心感がありますね。彼は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でも主役をやってましたがほんとに演技がうまくて好きですね。


こっからはネタバレですが、本当にこういうパニック的な映画はアホな人がいないと成り立ちません。あと管理がずさんな運営、なんでやねんというあかん判断をする人、死亡フラグバレバレの人などいろいろ必要です。ジュラシック・ワールドはそんなものをすべてを兼ね備えた素晴らしい映画といえるでしょう。


ここからちょっとネタバレが入りますが、結局途中で、遺伝子操作をされた超ワル型の恐竜が逃げ出します。そこからが大惨事の始まりで、人間が逃げ惑い、立ち向かう様子が(やっぱり)始まるのですが、ストーリーはすごく簡単です。あんまりストーリーがややこしいといろいろ推理しちゃって怖さに没入できないからでしょう。

まあとにかくストーリーは単純なのでわかりやすいです。ほんとそこはハリウッドはすごいところ。余計なことをあまり入れて来ません。そして、途中、死亡フラグが立つ人がたくさん、まさかあの人まで?という人も恐竜に襲われ、たくさんの人が被害にあいます。


映画を見終わった人なら、あの大惨事が起こった原因を10個はあげられるでしょう。ほんと、管理がずさんだし、社内コミュニケーションが行き届いてないし、金の亡者だし、恐竜なめすぎだし、人間のだめなとこがたくさん見られて面白いですよ。


「あかんとこ探し」の視点で見に行っても面白いでしょう。


思ったのは基本ジュラシック・パークとストーリーは似てましたね。


・恐竜に詳しい人がいる。
・恐竜を舐めている人がいる。
・お金の亡者がいる。
・死亡フラグの立っている人がいる。
・檻から恐竜が逃げて大惨事。
・主人公たちが一番危ない目にあっているのに死なない。
・恐竜同士を戦わせる。


それでも面白かったのは迫力の演出や3Dの技術、音響、役者の演技などが素晴らしかったからだと思う。ただ小学生の時に見たジュラシック・パークの衝撃以上はないかなと思いました。もう我々はCGに慣れすぎているところもありますので、大人だしどこか「当たり前」という目で映画を見てしまっています。


今回は人が食べられたり、連れ去られるシーンがありますのでお子さんには衝撃映像となってしまうので見ないほうがいいかもですね。ややトラウマシーンあるかもです。がぶっといかれてますので。


初代ジュラシック・パークでトイレ中の人間ががぶっといかれるシーンもトラウマですね(;´Д`)



なんやかんや突っ込みどころが多かったけど面白かったです。



ランキングに参加しています。
クリック頂けたら嬉しいです♪(`・ω・´)ゞ
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へ
コメントもお待ちしております♪

posted by ういろう at 01:57 | Comment(0) | DVD・映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

砂糖不使用のチョコレートと人口甘味料不使用のチョコレート

2016年12月1日更新
砂糖不使用お菓子.jpg
砂糖、これは20世紀に入って急激に人間が取り出したものですね。
今は年齢を重ねて健康にも気を使うようになりあまり甘いものというのは食べたり飲んだりは減りましたが、子供のころはチョコレート、お菓子、サイダー、コーラ全部好きでした。

砂糖だらけの食事や間食をしていたでしょうね。またチョコレートなどは仕事の合間に脳にエネルギーを回すためということで推奨されてはおりますが、今では空腹時にチョコレートを食べると血糖値が急激に上がったりして、血糖値コントロールができなくなって危険だそうです。

それが原因でうつ病になったり、不定愁訴になったりする方もいるとか。一番最悪な病気は糖尿病ですね。

研究チームの試算によると、論文中で「糖入り甘味飲料」と呼ばれているものの摂取に起因する糖尿病での世界の死者数は約13万3000人に上るという。
AFP通信 http://www.afpbb.com/articles/-/3053273

という研究結果もあるようでして、あまり砂糖の取り過ぎはよくありませんね。なんでも取り過ぎはいけません。でも、砂糖って美味しんですよね。軽い中毒性があるかと思っております。直ちに問題はありませんが、病気の要因にもなります。

よくネットにある画像ですが、こんな感じでペットボトル飲料には砂糖が入っているとか。
ペットボトル砂糖.jpg
そこでここ近年で注目されていたのが人口甘味料です。

アスパルテーム、アセスルファムカリウム(アセスルファムK)、スクラロースなどが有名ですね。カロリーオフ飲料や珈琲の微糖と表示のあるものはだいたいこういったものが入っています。お菓子にもたくさん入っています。こういった人口甘味料は後味が砂糖と少し違いま。

確かにカロリーオフという意味だけ見ればよかったのですが、最近ではそうでもないみたいでいろいろ身体にとって有害なのでは?という説がたくさん上がっています。

例えば・・・

実は怖い!人工甘味料(アスパルテーム、アセスルファムK、スクラロース)の種類まとめてみた。
http://matome.naver.jp/odai/2142090245318604701


こういった記事も散見します。実は先日(2015年7月)テレビ東京でもそういったことがニュースとなっておりました。

そこで、そういった人口甘味料がだめなのでは?

ということで更に注目されているのものが天然甘味料です



天然甘味料は植物などから抽出した甘味成分ですね。砂糖もサトウキビなどからとられておりますが、やはりカロリーの問題などがありますので、そういったものがかなり抑えられた天然甘味料が話題となっております。ダイエットを理由に注目されていたりもします。


天然甘味料の種類としてはエリスリトール、トレハロース、マルチトール、パラチノース、キシリトール、ソルビトールなどがあります。この前のテレビ東京のWBSでは「ラカント」という天然甘味料を特集しておりました。「羅漢果(ラカンカ)」という植物から取れるそうです。


ラカントはかなり砂糖の甘みに近いそうですね。こういった天然甘味料を使えば甘みがあるけども血糖値のあがりにくい食事を作ったり、チョコレートを作ったりすることができるようです。ただ、天然といえど、食べ過ぎ、取り過ぎには注意し、今後も安全かどうかはしっかり確認していく必要はありそうです。

砂糖不使用を謳うチョコレートが販売されています。


最近では砂糖不使用のチョコレートとか、人口甘味料不使用のチョコレートなどきっちり文言を入れて販売しているところもあります。この方が買う時に安心ですね。クックパッドなどではそういった「砂糖不使用」のお菓子のレシピもあるようです。クッキーとか作る時はチョコ入れたいですから、カロリーオフにもなるでしょう。

商品に大きくカロリーゼロとかシュガーレスと書いてあっても人口甘味料が使われていることがあるかもしれませんので、しっかり裏面を見て注意しないといけませんね。


楽天やAmazonでもいろいろな商品があります。


⇒ 【楽天】砂糖不使用 チョコレートの検索結果


⇒ 【Amazon】砂糖不使用 チョコレートの検索結果


⇒ 【楽天】糖質制限 チョコレートの検索結果

⇒ 【Amazon】糖質制限 チョコレートの購入はこちら









ランキングに参加しています。
クリック頂けたら嬉しいです♪(`・ω・´)ゞ
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へ
コメントもお待ちしております♪

posted by ういろう at 17:13 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
たびあふぃ」の先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...