2014年03月16日

歯のアマルガムの問題 本

口の中に毒がある―その安全な除去法と健康回復
口の中に毒がある―その安全な除去法と健康回復


先日、少し歯のアマルガムについて
ブログの記事を書きました。


歯の健康 アマルガムについて


そして、やっとこちらの本が届いて
読むことができました。


そこにはアマルガムによって引き起こされた病気が
たくさん書かれており、またアマルガムを除去することに
よって治ったりおさまったりした症状例がたくさん載っています。


今日本では、数千万人の体の口の中にアマルガムがまだある状態だそうで、
最近はもうあまり使う医者も減ってきているそうです。


ただ、まだアマルガムは保険適用であり、推奨とは
言えないでも、禁止まではされていません。
本を読むとその理由もわかりました。


危険なもの、危険な可能性があるなら使わない、使用禁止 とする国と
まだまだ悪い症例はごく一部だし、それが原因とも特定できないし
みんなが得る利益のほうが大きいから安全と考える国と別れるみたいです。


日本は後者ですね。タミフルも一部の人の副作用は危険ですが
まだ処方されています。それだけ効果もあるということですが。


その他、体の中に水銀、他の金属があるので電磁波過敏症になったり
金属アレルギーでアトピーがひどくなったりなどの症状もたくさん出る
らしいので、できるだけ除去が望ましいのですが、


それが除去が大変だということが書いています。
安易に除去しては余計に危険なようです。


歯科医の方で、水銀対策ができていない状況だと
アマルガムを除去する際、水銀が蒸気となって飛び散り
吸い込んでしまったり、体に浴びて発疹が出るなど


重金属アレルギー症状が出てしまうとか((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
なので、歯科医に行く前にきちんと対策をしているか聞いてから行ってください、
とのことです。


とにかく今現在、歯の詰め物をしてから体調が悪い、めまい
うつ、頭痛、肌荒れが酷い、いろいろな謎の症状が出た方は金属アレルギーか
水銀による体の反応がでているのかもしれないので、一度本を読んでから
しっかりとした歯医者にかかるとよいかと思います。


この本に、確認できたアマルガムを除去してもらえる歯科医が載っておりました。
健康のために、もしお悩みの方がいたらと思い記事化しました。


周りでも何をやっても治らない、という健康問題で困っている方がいらっしゃったら
「もしかして・・・」この可能性も頭にぽっと浮かんでいただければと思います。



ランキングに参加しています。
クリック頂けたら嬉しいです♪(`・ω・´)ゞ
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へ
コメントもお待ちしております♪

posted by ういろう at 23:50 | Comment(1) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもありがとうございます。

初めて知ったのでシェアしたいと思います。
Posted by テクノプロパン at 2014年03月17日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
たびあふぃ」の先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...