2014年10月27日

やる気が出ない時に疑うべきこと

10月27日(月)
yaruki.jpg
今日は梅田に出て、以前アフィリエイトで親交のあった方とお会いさせていただきました。現在はアフィリエイトはやめて、栄養、食べ方の指導をされている方です。3,4年ほど前にアフィリエイトの勉強会でお会いしてからの仲でフェイスブックでつながっていて東京の方ですが、大阪に来る用事があったのでお会いすることができました。

実はこの方(都丸さんとおっしゃいます)は3、4年前まで低血糖症により、ひどいうつ・パニック・過食の症状を患っていました。今日お会いしてびっくりしたのはめっちゃくちゃ明るくて元気だったことです。3年ほど前にお会いした時は、もっと声のトーンが低くてちょっとどよっとした感じがあったんです。

治るまで5年ほど、ほぼ引きこもりで外に出るのも出れない、電話できない、メールも返信したくない状況だったようで、人とも会えず症状は結構ひどかったようです。それが、今回お会いして、そんな話嘘でしょ!?というほど元気いっぱいでした。

彼女自身そういった経験があり、低血糖症を知り治療された経験を活かして今度は自身がそういう症状で苦しんでいる方になんとか低血糖症の怖さや治し方を広めたいということで現在はいろんな地域にクライアントさんを持ちご活躍されております。

そして、私も自己紹介に書いたりしておりますが過去うつ病を患い会社を退社した経験があります。また外に出たくない、メールが来るとどうしようと焦る、電話が嫌いなどそういった気持もすごくわかります。不安障害もあったりして狭いところ、暗いところでは呼吸困難になります。お酒を飲み過ぎてもそうなるので今はお酒をあまり飲みません。一時期、電車、飛行機も乗れませんでした。

そしてたまたま、ここ一週間くらいでちょっとメンタルの状況が落ちてきて、正直外に出るのもおっくうで、仕事にも集中できないし、人生嫌だなみたいな状況になっていたところに、都丸さんから連絡があり実は家を出るのがしんどかったのですがお互い過去にそういった話をしたことがあったし、栄養のことについて教えてもらいたかったのでちょっとがんばって家を出ました。

実際今も気分はまったくよくなくて、なんのやる気もなく寝転びたい感じです。しかし、世の中には心療内科で薬漬けになっている人がたくさんいますし、やる気が出なくて自分を責めている人(私がおもいっきりそうです。)や、低血糖症だと知らずに今日も苦しんでいる人がたくさんいると思いますので、今日聞いたことはぜひ情報が温かいうちに書いておこうと思い書いております。

さて、私がそんな状況でお会いして都丸さんからすぐに「メールのやりとりと、今日お会いしてちょっとあれっと思った。」とすぐにバレていました。さすがクライアントを持つ先生です。低血糖症の人の顔を見るとわかるようです。

「そうなんです、先週からちょっとメンタルの調子が悪いんです。」とお伝えして一緒にお食事をしながらいろいろと教えて頂きました。まず私に今足りない栄養は「ビタミンB群と鉄分」だそうです。他にももちろん大事なことはたくさんあるようですがまず栄養不足の指摘がありました。

というのも、パソコンに集中する仕事、製図、設計、美術家など1点に向って集中する仕事の人はビタミンを激しく消費するらしいのです。そのため、こういった仕事の方はうつ病になりやすかったり、不眠になったりメンタルが不安定になったりするそうな。確かに私の場合は北海道に1ヶ月ツーリングに行ってると結構元気なのですが、引きこもってパソコン作業をがっつりやると結構不調になる時があります。どうやらそういう原理だったようです。

その他、砂糖の取り過ぎ、甘いもの食べ過ぎもよくないのですが私は控えるようにしているのでその辺はとてもよいですとのことで、他にも食事を食べる時間帯、食べ方などいろいろと改善できる点はあるようです。今はそういった症状のある方の食事改善をサポートしたり、セミナーを開いたりと活動なさっているので興味のある方は都丸さんのブログを御覧ください。

http://ameblo.jp/teikettou-kiseki/

今日はそういった栄養面のお話などお伺いさせていただきましたが、今後都丸さんの方ではもっと低血糖症のことを知ってもらいたいということで、低血糖症改善プログラムを広げたいそうです。そこでぜひ協力して欲しいということもあり私に声をかけていただけたようです。私もその活動には賛成で、ぜひ都丸さんのやってらっしゃる活動が広まって欲しいと思っています。

そこで私は栄養サポートを受ける代わりに集客とかメルマガの協力をさせていただくことになりました。はてこんなところでもアフィリエイトで培って来たことがお役に立てそうでそれは嬉しい限りです。今の世の中うつ病の人には厳しいですからね。やる気がないとか、がんばってないからだとかいろいろ言われちゃいます。仕事もできませんし、ますます悪循環です。改善方法といえば、やる気を出す方法を学んだり(それもそれで大事だと思います。)心療内科に行くとかです。

「低血糖症の疑いがあるから食事を改善しよう。」という選択が普通の人には思い浮かばないのでぜひそれが普通になってほしいと思っております。これから活躍に期待するとともに、協力させていただこうと思います。アフィリエイトって変なところで役にたったりするので面白いですね。

そうそう、低血糖症についていろいろ調べていると仙台の接骨院のサイトにやたら詳しく載っておりました。ちょっと体調に不安がある人は一度御覧ください。参考になると思います。

http://www.h3.dion.ne.jp/~ysrg/kenkouhou/satou.html

それと最後に

都丸さんより

「やる気が出ないのはあなたのせいじゃない、ただ脳に栄養が足りないだけです。キッパリ。」

とのことです、自分を責めないでまずは栄養や生活習慣を見直しましょう。


ランキングに参加しています。
クリック頂けたら嬉しいです♪(`・ω・´)ゞ
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へ
コメントもお待ちしております♪

posted by ういろう at 22:55 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

このサイトのアクセス数

akusesu.jpg

このサイトの気になるアクセス数ですが一日平均でユニーク100〜140、アクセスが300くらいです。ほとんどが某掲示板から来て頂いているのですが、半分はロングテールアクセスっぽいです。これだけ数年の間ブログを書いているとロングテールアクセスが来るようになります。そこでたまにアクセス解析を見ていて申し訳ないな〜(汗)というアクセスがあります。

先日あったアクセス内容が

・堺でういろうの買えるところ
・風邪にういろう


こういったキーワードでのアクセス、ほんとに来られた方に申し訳なく思いますm(__)mういろうはキャラクターネームであり食べ物ではないんです(*´ω`*)すみません。(しかし、風邪にういろうは効くのか!?w(゚ロ゚)wとか新しい発見につながったりするのですw)実際にういろうは昔は薬として売られていたようです。外郎家という代々続くういろう屋さんがあります。

で、こういったアクセスはロングテールといいますが「風邪とういろう」というキーワードは記事中には「風邪」というキーワードしかなく、「ういろうは」ブログタイトルに入っていますので、ブログのタイトルに含まれるキーワード+記事の中のキーワード1つというロングテールキーワードでのアクセスが来たのだと思います。そういうことも記事数が多くなると多々発生してくるわけです。「堺 ういろう」もそうですね。残念ながら堺でういろうの買えるところは限りなく少ないと思いますが、これもキーワードがかなり離れているけども検索された例です。

お宝キーワードの発掘方法


そして、例えばですけど、「堺 ういろう」での検索が1日5回もあるとかになると「お宝キーワード発見!」ということになるわけです。別途、「堺でういろうの買えるところ」と記事を書いてきちんとアフィリリンクを仕込めばかなりの確率で踏んでくれるでしょう。または、その記事をきっちり書き直すことにより、うりろうが売れるかもしれません。

実際こんな経験したことありませんか?とあるキーワードで調べていて1位のサイトを見たのだけどまったくアフィリエイトリンクの無いサイト。しかも結構コンバージョンの高そうなキーワードで1位なのに。それってすごくもったいないですよね。

記事をたくさん書く、サイトをたくさん作るということはこういったメリットも発生してきます。このサイトはただの日記サイトみたいなもんですがそこからもお宝キーワードが発掘できる可能性もあるんです。

大事なのは「堺 ういろう」が実際に検索されているというデータがアクセス解析で出ているということです。この実績は真実です。フェイクのデーターではありません。

皆様ご存知かもしれませんが、aramakijyake※とかに出てくる月間検索回数。実はあれ、ものすごくいい加減です。とあるキーワードで調べたら「データーはありません」と出ます。つまり月間検索回数が100以下だということなんですがしかし実際そのキーワードで1位を取るとユニーク300でアクセスが来ているサイトがあります。

つまり月間1000インプレション(検索されている数)ということになります。だからaramakijyakeはあくまで参考までにという数値にしかなりません。このように「実際にアクセスがあった」という実績は何者にも変えられない真実のデーターです。

「実際のアクセスがあったキーワード」

はうまく使いこなしましょう♪

※aramakijyakeとは月間検索回数がどれくらい調べられているのかを大まかに教えてくれるサイトです。

http://aramakijake.jp/


ランキングに参加しています。
クリック頂けたら嬉しいです♪(`・ω・´)ゞ
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へ
コメントもお待ちしております♪

posted by ういろう at 13:10 | Comment(0) | アフィリエイト日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

検索キーワード発想法

先日梅田の紀伊國屋をうろついていたらこんな本を
発見したのでついつい衝動買いしてしまいました。

119322FD-BF84-49B6-93A1-8FEA67C3A7D5.jpg


感想:ええ本でした♪( ´▽`)


以前この著者中村さんは「稼ぐ人の検索キーワードの法則」
という本を出されていました。

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則

確かに、こちらアフィリエイト初、中級者には非常にいい本だと思うのですが、
もう少し突っ込んでほしいところ、と物足りなかった覚えがあります。

そこで今回この青い本。
もう少しキーワードのみに絞って深いところまで掘り下げた本
だと思います。


ちなみにこの本の趣旨は「SEOで競合の多いキーワードで
上げて稼ぐ方法もあるが、それだと大きく稼げる反面、
報酬が飛んでしまうということにびくびくしないといけない
ということになるので自分しか見つけていないキーワードで
ライバルの少ないところで稼ぎましょう」という本です。

キーワードの力を身に付ければずっと稼ぎ続けやすいということですね。

キーワードといえば、おおまかに分けるとこういう種類がありますね。

・購買意欲の高いキーワード
・購買意欲の低いキーワード

・競合の多いキーワード
・競合のの少ないキーワード


などいろいろありますが、この本では、競合が少なく、
購買意欲の高いキーワードを見つけようという趣旨です。


それを、どういう視点、発想法で見つけていくか?
といことが書いています。何かツールを使って探すとかではなく
こういう視点に立って探してみると見つかりやすいですよ。


という本です。


早速私もその教えに従ってマインドマップなどに書き出して
やってみたところ、自分の発想では漏れていたところが見つかったり
しました。キーワードの漏れだけでなく、コンテンツの漏れにも
気づけましたので、ちょっとコンテンツを追加しようと思いました。


P.88 に載っている3つの質問をやってみるだけでいろいろな
キーワードが出てきました。


どんなサイトを作ったらいいのかわからない、どんなキーワードで
作ったらよいのかわからないなどの悩みがある方はまず読んでみると
よいかと思います。


アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の広告主が書けない検索キーワード発想法
アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の広告主が書けない検索キーワード発想法


ランキングに参加しています。
クリック頂けたら嬉しいです♪(`・ω・´)ゞ
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へ
コメントもお待ちしております♪

posted by ういろう at 18:40 | Comment(0) | ういろうが読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
たびあふぃ」の先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。